ダイエットブログ

食べても痩せる 15kgのダイエット成功方法とは

*

真田丸振り返り、第29回 異変 秀吉の体に

スポンサード リンク

   


秀吉は自らの身体を蝕みつつある老い、そして死への恐怖に囚われます。一方、左衛門佐・信繁は大谷刑部の息女・春と祝言を上げます。兄・伊豆守信幸は伏見城築城と正室・側室の件でイッパイイッパイ。

 

秀吉、自らの身体の異変を自覚する

 

寝小便をしてしまった太閤殿下
 

寝小便をしてしまったことにショックを受ける秀吉。やっと生まれた秀頼はまだ幼い児、秀頼が元服するまでは何としてでも生き長らえたい秀吉を、不安と恐怖の渦に投げ込みます。

 

最初から恐縮なのですが、片桐且元の布団と交換するコントめいたシーンはいりませんでした。秀吉の地位にある者の布団位、いくらでもあるはず。

 

梅を忘れられない信繁

 

信繁と春の祝言
 

これもなあ…と文句ばかりでクレーマーになった気分なのですが、「梅を忘れられない信繁」が描かれてきていないので(台詞で説明するのは、描くとは言わない)、唐突感が否めないですね。

 

春日山城に人質として出向いた折、三十郎に意見されていましたが、その後「梅」の気配も全くなし。忘れても忘れなくてもどちらでも良いのですが、取って付けた感ありありです。たまに六文銭を眺めて思いに耽るとかのシーンがあれば、また違ったかもしれませんが。

 

稲、急に変心する

 

信幸の妻 稲
 

前回までの稲姫は信幸を頑なに拒んでいました。今回は急転直下、反転します。おこう様の噂を聞いたからでしょうか、それともジェラシーからでしょうか。

 

信幸、秀吉亡き後の天下に思いを致す

 

困る信幸
 

今回初めて、伊豆守・信幸の口から「秀吉亡き後の天下」とセットで「徳川」の名が語られました。正室に本田忠勝の娘で家康の養女を頂いているのですからおかしくないのですが、ここに至るまでに「徳川凄い」と思う信幸の描写があれば、もっと説得力があったのではないでしょうか。

 

家康の造りこみに可愛げだけではなく「次はこの人!」があれば、よかったのかも。これは役者さんの責任ではありませんが。秀吉が家康を持ち上げているだけでは共感出来にくいですね。小牧長久手を描いてもいないから余計に。

 

さて信幸が徳川は良いとして、信繁はもうどっぷりと豊臣に首まで浸かっていますから、その流れでの西軍方になるのでしょうか。と言いますか、これで信繁が徳川に付いたらとんでもなく裏切者でしょうね。だから史実は史実として置き捨てて、豊臣政権にこんなに絡ませたんでしょうか。

 

キリスト教ときりの関わりは現時点では不明で、今後何がどうなるのでしょう。それでは、また。

 

NHK大河ドラマ「真田丸」公式ホームページ

スポンサード リンク

 - 真田丸 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

YAZAWA 真田丸Petit 矢沢頼綱

YAZAWA、真田丸Petit   真田家の重鎮にして真田昌幸の叔父、 …

真田丸 第23話 攻略 いよいよ北条征伐

もっと真田丸、第23回 攻略   戦に至らぬようにという三成たちの努力 …

真田丸 利休切腹までの前半を振り返り ②

真田丸振り返り、利休切腹まで ②     大坂編まではそれで …

真田丸 第10話 信繁感動の名場面

真田丸振り返り、第10回 妙手   策に嵌めたつもりが嵌められて、「さ …

真田丸振り返り 「第35回 犬伏」 真田親子は犬伏で別れを決断する

真田丸振り返り、第35回 犬伏   さて前回で真田は上杉に与することに …

真田丸 第八話 苦悩する信繁、梅に胸の内を相談

真田丸振り返り、第9回 駆引   武田家の滅亡、信長の死と織田勢の撤退 …

もっと真田丸、真田太平記 10 名胡桃城事件

もっと真田丸、真田太平記 10   今回は場面の切り替えが速く、同時に …

もっと真田丸、真田太平記 8 第一次上田合戦の後、真田は徳川与力に

もっと真田丸、真田太平記 8   上田城下が緊張に包まれる中、大久保忠 …

真田丸振り返り、第31回 終焉 秀吉の遺言

真田丸振り返り、第31回 終焉   秀吉の衰えは極まり、寝たきり状態に …

真田丸振り返り、第30回 黄昏  秀吉の最期が近い

真田丸振り返り、第30回 黄昏   築城に燃えていた伏見城は「鉄壁の守 …