ダイエットブログ

食べても痩せる 15kgのダイエット成功方法とは

*

真田丸振り返り、第28回 受難  豊臣秀次の死

スポンサード リンク

      2016/07/24


真田丸振り返り、第28回 受難

 

秀吉と秀次のすれ違いが決定的なものとなり、誰の説得にも耳を貸さない秀次は真田屋敷へ身を隠します。伊豆守・信幸が側についてフォローしますが、秀次の心はもう前のようには戻らない。秀吉や三成が大事にしないで処理しようとする心を知らずか、秀次は高野山に出向きます。

 

史実でも定かではない秀次事件

 

関白 秀次 高野山へ行く
 

この秀次事件に関しては、明確に「こうだった」というものがありません。あるのは事実のみで、その間をどれだけ説得力をもって描けるかで、ドラマの出来が決まるのでしょう。

 

「真田丸」の秀次は殺生関白などではなく、気持ちは優しいけれど与えられた現実に追いついていけない、繊細な秀次。「秀頼が生まれたことで自分が邪魔になった秀吉によって、いつか殺されるのではないか」という疑心暗鬼は秀次の被害妄想で、勝手に自刃してしまいます。

 

実際に一族郎党、身近な臣下まで処断されたのですから、クーデターらしきことがあったのではないかとは思いますが(本人にその気はなくても、いつの間にか担がれているとか)、役者さんは熱演していましたね。正直「真田丸」の脚本や時代考証に疑念を抱いている中、この回は役者さんによって見せられたと言っていい。

 

信幸との絡みは、正直どうでもよい

 

関白 高野山で切腹前の秀次
 

「真田丸」の秀次は死を決意するに至るまでの時を、伊豆守・信幸や左衛門佐・信繁と紡ぎます。特に信幸との「お互い大変話」はしんみりさせる物もありました。

 

これまでの信幸の苦労がギャグテイストなく描かれていたならもっと心に迫るものになっていたでしょうし、信幸&信繁の兄弟愛にも取って付けた感ありありで本当に残念。言葉で説明するだけでは「ドラマ」として成立しないのです。

 

薫・母の経歴詐称、稲姫のスパイ行動など

思い悩む関白秀次
 

 

真田家の出自や個々の経歴については、不明なことや疑問点が多いのが事実です。ドラマで薫・母の出自に疑惑を抱く稲姫の出自ですら、確実ではありません。で、今更、薫の出自疑惑で何を描きたいのか?どう考えても本筋に大きく関わるとは思えず、どうでもよいコント発動の予感。

 

稲姫の、初めて出てきたスパイ行動にしても「どうでもよい感」が拭えない。だいたい本気でスパイしようと思うのならもっと相手や家族の中に入り込もうとするはずだし、この後に及んで信幸と心を通わせようとしていないらしい身で、ちゃんちゃらおかしいと言うものです。「真田丸」では、この嫡男の正室をどう描きたいのでしょうか。

 

秀次一家はクリスチャンなのか?

 

04
 

さて、今回は秀次周りにキリスト教の影が描かれました。秀次その人がクリスチャンとは考えられないものの、秀次娘・たかが隠れていた部屋は明らかにキリスト教仕様。

次回予告を見ると細川ガラシャが登場、きりと絡みがあるようですので、何か関わりが出てくるのかもしれません。

史実絡みで言えば上杉征伐に諸将が赴いた折、西軍の人質になるのを拒んだガラシャが自刃出来ないので家臣に命じて命を落としますが、それとの絡み?たしか秀吉はキリスト教を禁じたはずで、関白秀次家はキリスト教に親しんでいたのかという疑問も。

 

黄金の日日

 

呂宋助左衛門
 

今回、「黄金の日日」で呂宋助左衛門を演じた松本幸四郎さんが、同役でカメオ出演されたことも特筆すべきことでしょう。私も数回分ドラマを覗いてみましたが、時間がある時にじっくりと身を浸したいドラマでした。

 

個人的なことを申せば、秀吉(緒形拳さん)と信長(高橋幸治さん)に心を持っていかれてしまったので、尚更「真田丸」と比較して見てしまうことになったわけですが。

 

さて折り返し地点まできた「真田丸」、どこへ行き着くのか見守っていきたいと思います。個人的な望みとしては、これだけフィクションを散りばめるのならば、「大坂の陣」に特化してじっくりと見せて欲しかったなあとの思いが捨て切れずにいます。

 

NHK大河ドラマ「真田丸」公式ホームページ

スポンサード リンク

 - 真田丸 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

真田丸 第25回 別離 利休が切腹と鶴松の死

真田丸振り返り、第25回 別離   前回、北条家の蔵に山積みとなってい …

もっと真田丸、真田太平記 24回 第二次上田合戦

もっと真田丸、真田太平記 24   家康によって秀忠軍に組み入れられた …

大河ドラマ 第6話 松の死 

真田丸振り返り、第6回 迷走   姉・松を始めとした人質たちを連れて安 …

もっと真田丸 北条と真田はどうなるのか 次回の予想 

もっと真田丸、其の十 沼田・名胡桃城事件   大河ドラマ「真田丸」は、 …

テレビ真田丸 第三話 戦国時代だって恋はする 源次郎、梅

真田丸振り返り、第3回 策略~第4回 挑戦   さて前回で織田につくこ …

真田丸振り返り、第29回 異変 秀吉の体に

秀吉は自らの身体を蝕みつつある老い、そして死への恐怖に囚われます。一方、左衛門佐 …

真田丸 第22回 裁定 北条と真田が沼田城をめぐり秀吉の下で裁定を行う

真田丸振り返り、第22回 裁定   何とか北条の上洛を実現したい豊臣秀 …

大河ドラマ 真田丸 第8話 真田はいったいどこに付くのか

真田丸振り返り、第8回 調略   武田家滅亡後の旧武田領を巡る大小入り …

真田丸 第10話 信繁感動の名場面

真田丸振り返り、第10回 妙手   策に嵌めたつもりが嵌められて、「さ …

真田丸 赤備えは、覚悟の証

真田の朱は覚悟の証   戦国時代最後の戦となる大坂の陣で真田信繁率いる …