ダイエットブログ

食べても痩せる 15kgのダイエット成功方法とは

*

真田丸 第23話 攻略 いよいよ北条征伐

スポンサード リンク

   


もっと真田丸、第23回 攻略

 

戦に至らぬようにという三成たちの努力も虚しく、秀吉はとうとう北条征伐に乗り出します。豊臣勢総数20万が枝城を落としつつ小田原を包囲、氏政が待ち望んだ伊達政宗もその軍門に下り、北条は孤立、外からの支援が得られない状況に陥ります。そんな北条家内部でも恭順派と徹底抗戦派の動きが活発化してきて…。

 

氏政VS氏直・江雪斎

 

氏政VS氏直&江雪斎
 

豊臣勢に包囲されても、一向に降伏の気配を見せない氏政。氏政は家督を氏直に譲り渡した身、本来ならば氏直が父を押し切っても良いのでしょうが、この息子はそうはしません。また枝城が豊臣の手に落ちていくにつれて北条家内部の情勢も二手に分かれ、きな臭い雰囲気が漂います。豊臣に膝を屈するにしても、せめて一戦交えて北条家100年の矜持を示してからであれば、戦後の扱いも違っていたのでしょうか。

 

嫡男 氏直
 

胸に迫るのは、息子・氏直の苦悩と江雪斎の奔走ぶりです。この氏直は以前遅参した真田昌幸たちを斜め上から見下ろして、威勢の良いことを言っていましたね。まだ若輩者である自分を少しでも大きく見せようと、父・氏政の癖を真似る様が驚きの怪演ぶりでした。その父の説得も出来ず、無意味な評定を繰り返す様が痛々しい。

 

真田信幸
 

この親子の関係と対比するかのような真田親子、こちらは前回信繁が名胡桃城奪還にはやる昌幸を納めて秀吉に是非を問わせていますし、今回は兄・信幸が「北条と手を組んで豊臣を斃す」という素破・出浦の威勢が良すぎる暗躍の芽を摘み取っています。戦国DNAを捨てきれず、事あるごとに「戦で奪い取る」道に走りそうになる昌幸世代を代弁するかのような出浦の言動ですが、昌幸を慰めるための方便というだけではなく半分は出浦自身の本音だったのかもしれません。それを昌幸にではなく信幸に露わにしたところに、出浦の良識と息子世代に対する「警告」を感じ取ることが出来ます。

 

江雪斎
 

そして何と言っても圧巻だったのが江雪斎。蹴鞠に興じ化粧を施す氏政の心の奥を見抜き、切々と降伏を訴える姿には胸を突かれます。開城するにしても何とか北条家の血を残していきたいという思いがヒシヒシと伝わってくる素晴らしい演技で、緊迫感ビシビシでした。

 

三成VS景勝・直江・昌幸

 

三成VS景勝、直江&昌幸
 

滅びへの道を進みゆく北条家の緊迫感とは裏腹に、やる気の見えない北国勢。忍城攻めに手間取る彼らの元をイラつく三成が訪れます。三成がイラつくのも尤もで、北条を取り囲む20万の軍勢を食べさせなくてはなりません。戦の現場を知る北国勢は「水攻め4日」を一笑に付しますが、戦よりは兵站などに長けた三成は分からない。この後、湿地に囲まれた浮城攻略の難しさを身をもって味わうことになります。

 

北条家に赴く源次郎・信繁

 

北条と交渉に向かう源次郎
 

前回江雪斎や本多正信と顔を会わせていたことが伏線となり、家康・大谷刑部の意を受けて信繁は氏政の説得にあたることになります。史実においてもこの時様々な筋から説得がなされていたようなので、「史実として明確なことは史実のままに」という三谷幸喜氏が筋を曲げて主人公を活躍させたわけではないようです。

 

放送後に「黒田官兵衛が~!」が飛び交いましたが、信繁はあくまでも大谷刑部の使者。しかも劇中語っていたように「生きて帰れるのだろうか」状態、斬り殺される危険と隣り合わせの捨て石のような役目。もう少し、暖かい目で見守ってあげたいところです。

 

ところで北条家は内政に優れ、今で言う税金も全国一安くて暮らし安い町だったとか。領民からも慕われており、この北条征伐時に城に共に入って守り闘った民が多くいたということです。小田原城を取り囲む惣構えも攻めにくいもの、城下で米や作物を収穫する仕組みもあり、備蓄も万全であったとか。歴史にifはありませんが、徹底抗戦の腹を括っていたら兵糧危うい豊臣勢の方が危機に陥っていたかもしれませんね。

 

NHK大河ドラマ「真田丸」公式ホームページ

スポンサード リンク

 - 真田丸 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

真田丸 第20回 秀吉崩壊の前兆 石田三成が熱くなってゆきます

真田丸振り返り、第20回 前兆 第20回のタイトル 前兆は秀吉が崩壊してゆく前兆 …

真田丸 17話 旭姫の無言の演技 清水ミチコに絶賛

真田丸振り返り、第17回 再開   中々上洛しない徳川家康に、豊臣秀吉 …

上洛 豊臣秀吉と対面、松の記憶を取り戻す場面が面白かった

真田丸振り返り、第18回 上洛   のらりくらりと上洛を先延ばしにして …

真田丸 第11話 信繁と梅の祝言で室賀を討つ真田

真田丸振り返り、第11回 祝言   前話のラストで梅の懐妊と信繁のプロ …

大河ドラマ 第6話 松の死 

真田丸振り返り、第6回 迷走   姉・松を始めとした人質たちを連れて安 …

真田丸 真田信繁の名づけの由来 武田家にあった

信繁由来、真田丸Petit   真田昌幸の二男、源次郎信繁。この「信繁 …

もっと真田丸、真田太平記 27回 真田幸村 高野山蟄居

もっと真田丸、真田太平記 27   岳父・本田忠勝と家康に謁見した伊豆 …

もっと真田丸、真田太平記 11 小田原がついに開城、関東の連れション

もっと真田丸、真田太平記 11   大坂・真田の忍び小屋、北条が上洛し …

もっと真田丸、真田太平記 20回 上杉、徳川が手切れ 真田家はどちらに

もっと真田丸、真田太平記 20   家康周辺、三成周り、そして上杉景勝 …

真田丸 第二話 真田家の行く末を決めるのは、「くじ」なのか 

真田丸振り返り、第2回 決断   さて武田家の滅亡から始まった「真田丸 …