ダイエットブログ

食べても痩せる 15kgのダイエット成功方法とは

*

真田丸 第20回 秀吉崩壊の前兆 石田三成が熱くなってゆきます

スポンサード リンク

   


真田丸振り返り、第20回 前兆

信幸の妻となる稲姫
第20回のタイトル 前兆は秀吉が崩壊してゆく前兆を表しています。

 

上田に戻って来た昌幸一行の中に、死んだと思っていた松がいるのを見て大喜びの真田家。

しかし徳川家から正室を迎えねばならない為に、おこう様を離縁することになります。

一方豊臣家では茶々が待望のご懐妊、しかし聚楽第の壁にそれを揶揄するような落書きが見つかり大事に。

 

日に日に健康的になる、おこう様

 

松の帰郷を喜んだのもつかの間、徳川家から正室を迎えることになり頭を下げて離縁を告げる信幸。

 

昌幸がシレッと信幸に責任を押し付けていましたが、真田家のことを考えれば拒否出来るわけもなく、信幸は潔くおこう様に頭を下げます。娘を信幸の嫁に出して泣いている本多忠勝をそっとしている昌幸と薫
ところが侍女となって復活するおこう様、何だか表情も明るくなって生き生きしていませんか?

無言で抵抗する佐助も良かったですが、共に最後は信幸が〆ているんですよね。

 

熱い「三成」の始まり?

 

聚楽第の壁に落書きをした犯人の首を秀吉に差し出しす三成と信繁
 

今回は見所が多かったのですが、あの官僚的な石田三成が秀吉に諫言するシーンは白眉でした。

そう言えばどこかのインタビューで、三谷氏と「助命嘆願が来るような三成にしたい」と話したというのがありましたが、早速始まりましたね。

 

秀吉が壊れていくのに比例して、豊臣家を支える三成が熱くなっていくのは考えて見れば自然なのですが、その度に切腹していたら命がいくらあっても足りやしません。

ただの秀吉大事なイエスマンではない、こんな三成だったら確かに魅力的だし、信繁がついて行きたいと思うかも(史実は別として)。

 

肝が据わった北政所(寧様)

 

落書き犯の一族を皆殺しにせよと言う命令に対し反論した三成に切腹を命じた秀吉に(北政所)寧が諭す場面
 

今回の、もう一つの白眉は寧様。

亜茶の局のサラッと嫌味を受け流すシーンも良かったのですが、三成の後を受けて秀吉を諫めるところは肝が据わっていて迫力満点でしたね、さすがです。

事前に打ち合わせ済みであろう茶々との共同戦線もナイスで、阿茶局たちとの女子会シーンと併せて、こんな形でずっと行ってくれたらと、つい無いものねだりをしてしまいそうになりました。

今まで寧様と茶々と言えば、秀吉亡き後寧様が何となく徳川方で三成への反発も含んだ豊臣武闘派も徳川方へ…というのが関ヶ原への伏線となっていったと記憶しますが、今後どの様に描かれていくのか興味津々です。

 

というところで次回は久方ぶりの北条氏登場、大坂方武将キャストも続々発表で、期待して1週間待ちたいと思います。

 

NHK大河ドラマ「真田丸」公式ホームページ

スポンサード リンク

 - 真田丸 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

YAZAWA 真田丸Petit 矢沢頼綱

YAZAWA、真田丸Petit   真田家の重鎮にして真田昌幸の叔父、 …

上田真田祭りは、豪華キャスト 昌幸、信尹もかっこよすぎ

もっと真田丸、其の参 上田真田祭りから   上田で開催された真田祭り、 …

信繁に気がある茶々様、しかし、茶々様に近づくと危険

真田丸振り返り、第16回 表裏   上杉家の人質として景勝の上洛に同行 …

もっと真田丸 其の十二 小田原城征伐

もっと真田丸、其の十二 小田原征伐   北条征伐に動き出した豊臣方はお …

真田丸 ドラマ以外の楽しい真田丸

もっと真田丸!、其の壱   毎週日曜日のお楽しみになった「真田丸」、毎 …

テレビ真田丸 第三話 戦国時代だって恋はする 源次郎、梅

真田丸振り返り、第3回 策略~第4回 挑戦   さて前回で織田につくこ …

真田丸 信繁、大坂で豊臣秀吉と出会う 

真田丸振り返り、第14回 大坂 (江戸時代までは、大阪ではなく大坂と書かれていま …

もっと真田丸、真田太平記 13 朝鮮出兵の不安

もっと真田丸、真田太平記 13   ここは徳川忍びの元締め・山中大和守 …

もっと真田丸、真田太平記 24回 第二次上田合戦

もっと真田丸、真田太平記 24   家康によって秀忠軍に組み入れられた …

真田丸 真田家の甲冑、槍

真田家の槍・甲冑、真田丸Petit   戦国時代物で欠かせないのが戦、 …