ダイエットブログ

食べても痩せる 15kgのダイエット成功方法とは

*

歯ぎしりの原因と対策

スポンサード リンク

      2015/01/03





歯ぎしりとは

 

歯ぎしりは、上下の歯をすり合わせる。

寝ている間に多く、歯を噛み合わせで、ギリギリと音を出す。

まるで、秋の夜に鳴く虫の音色に近いすごい歯ぎしりもある。

 

自分が、歯ぎしりしているのかは、寝ているのでわからない。

しかし、世の中には凄い歯ぎしりが有るものだ。

それは、身近にいた。私の息子だ。凄い。

凄すぎるのだ。
まるで秋の虫の様だ。

音色に近いが、凄すぎる。とても、横になど寝ていられない。

騒音だ。いびきも大変だが、歯ぎしりは、いらつく音で我慢ならない。

 




 

歯ぎしりの原因

 

原因は、ストレス説が最有力です。

ストレスを解消するために、歯ぎしりをしていると考えられています。

たしかに、息子を考えてみると神経質、気にするタイプです。

ストレスを貯めて昼間なかなか発散出来ないタイプかもしれません。

それで寝ている時に、ストレス発散しているのでしょうか。

 




歯ぎしりの弊害

歯ぎしり

 

 

歯ぎしりすると、歯が欠けたり、割れたりします。

虫歯治療の被せものが、外れたりします。

隣で寝る人に、不快感を与えます。
顎の関節症を起こしたりします。

肩が凝ったり、頭痛を起こしやすくなります。

 




 

歯ぎしり対策

 

対策は、ナイトガード(マウスピース)をつくりましょう。

歯科で対応してくれます。市販のものはやめましょう。

歯に負担のない状態につくるべきだからです。

歯にかかる負担と歯ぎしりの音は、軽減されます。

 

しかし、歯を食い縛ることは続くと思われます。

ストレスが、原因と思われることから軽減、発散が必要です。

 

リラックスした環境で過ごす時間を増やすこと。

そして、心身ともにリラックスする。

歯を食いしばることを避け、口元を緩める。

笑顔でいる。笑う。

 

仕事などで、嫌なことが会った時は、家族、先輩、友人にじっくりと聞いてもらいましょう。

一人で悩むことはよくありません。

そして、楽しかったイメージをもって眠りにつくようにしましょう。

 

寒い夜は、暖かくして眠るようにしましょう。

寒いとつい、力が入ってしまいます。

スポンサード リンク

 - 体の悩み

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

BMIとは
bmi

bmiとは   BMIとは、Body  mass  indexの頭文字 …

no image
風邪を早く治す方法

風邪を引いている人が多い 寒くなってくると会社では、マスクをした人が何人かいます …

no image
老眼と遠視は、全く違います

遠視と老眼   老眼と遠視全く違うものです。 しかし、巷では勘違いして …

ダイエットの女性
短期間 ダイエット

短期間ダイエット   短期間ダイエットで痩せたいと思うのは、太めと思っ …

CTスキャンのイラスト
腎臓病の検査

腰が痛くなったので腎臓の検査を   前回の続き腰痛と腎臓の続編です。 …

スマホは猫背になりやすい
猫背の原因 2 スマホの使いすぎ

胸の筋肉の萎縮   猫背は、背中が丸まってしまった状態と両肩も丸まった …

マーガリン
トランス脂肪酸とは

トランス脂肪酸とは   トランス脂肪酸 聞いたことのない言葉です。 知 …

no image
花粉症を治す サプリメント

花粉症の季節   杉花粉症の人にとっては、1年で最も嫌な季節だと思いま …

マーガリン
マーガリンとバター

マーガリンとバターの違い   マーガリンとバターは、違います。 色、形 …

自信まんまん
5月病の症状

5月病とは   5月病という言葉を聞く時期がやってきます。 新入学生、 …