ダイエットブログ

食べても痩せる 15kgのダイエット成功方法とは

*

もっと真田丸、真田太平記 41回 又兵衛と幸村、最期の出陣

スポンサード リンク

      2016/08/29


もっと真田丸、真田太平記 41

 

元和元年5月4日、後藤又兵衛と幸村は最後の打合せを行います。家康・秀忠軍は恐らく大和口から攻めてくるであろうこと、狙いはこの2人の首のみであること。この時幸村が先陣を申し出ますが、兵数に勝る又兵衛が自軍の先陣を主張し、幸村も了承します。兵の分散を避けるため、必ず自分たちの着陣を待ってから動くよう、幸村は又兵衛に念押しします。

 

出陣を控えた幸村はお江を呼び、決して戦に出てはならぬと厳命します。お江は生きて、後に残った人のために生きてくれと何度も繰り返します。

 

ep4102
画像参照:土曜日の美女たち

 

佐助とお国も最後の時を過ごします。佐助を失うのを恐れるお国は何度も共に逃げてくれと訴えますが、佐助は拒否。「共に逃げて下されぬのなら、いっそ佐助殿に殺されてしまった方が良い」とまで泣いて訴えるお国を残して、佐助は大坂城に戻ります。その様子を窺っていた山中忍びによって、お国は捕らえられてしまいます。

 

戦支度に余念のない幸村と大助の前に角兵衛が現れ、幸村はもう一度「上田の兄上の所に戻ったらどうか」と念押ししますが、「一緒に死なせて下され!」と懇願する角兵衛を受け入れます。そして後藤又兵衛が出陣、藤井寺まで兵を進めること、家康と秀忠の馬印が揃った時が出撃の時と下知します。

 

ep4101
画像参照:土曜日の美女たち

 

翌朝早く、幸村隊は又兵衛からの報せを待ちつつ待機、霧も深く一寸先も見通せない有様です。しびれを切らした幸村は佐助を使者に出しますが、その佐助は山中忍びと遭遇し討ちあいに。その頃又兵衛は前方に伊達、本多が布陣していることを察知、小松山に陣を移動します。そして幸村隊との連絡が取れぬまま、出撃せざるを得ない状況に追い込まれることに。松平も加わった3方から攻撃を受けた又兵衛は奮戦かなわず討ち死に。

 

同じ頃、河内口に出陣した木村重成が八尾の戦いで討ち死に。霧の中出陣した幸村隊は伊達、松平隊を攻撃し、後藤隊の残兵を吸収して兵を引き上げます。

 

ep4103
画像参照:土曜日の美女たち

 

道明寺での戦いの有様を聞いた家康は「またしても真田の小倅ごときに」と怒りを上手に使いながら、松平隊、本多隊を鼓舞、明日天王寺口から攻める家康本隊の先鋒を命じます。

 

大坂城に兵を引いた幸村を訪ねた大野修理。諸将も集まっているこの席で、幸村は明日が最後の戦いとなること、老い先短い家康ですら出陣していること、総大将である秀頼にぜひ出陣を願いたいことを固く願い出ます。大野修理もこれを受諾。その後幸村は明日の戦で「浅野が裏切った」と流言を広めるよう草の者に命じ、戦に備えます。

 

この夜幸村と信之は、共に亡き昌幸の夢に目を覚まします。身体が埋まりそうな程の大雪にもがく幸村の前に現れた昌幸、微笑を浮かべて消えてしまいます。豪雨の中彷徨う信之の前に現れた昌幸は頭から血を流し、やはり微笑を浮かべて消えてしまいます。

 

ep4104
画像参照:土曜日の美女たち

 

今回、真田忍びのお国が山中忍びに捕らえられ、舌を噛み切って自害してしまいます。佐助との切実なやり取りの後だけに、胸が締め付けられるものがあります。また本文には記載してはいませんが、佐平次と佐助の別れの盃、そして大助が眠れぬまま静かに語る話に涙腺が決壊寸前に。

 

「我らが戦にて果てたる時、母上たちはどのように生きていかれるのであろうか」「心残りは、一度信濃に参りとうございました」黙って聞いている幸村の目から流れるひと筋の涙。そして呟かれる言葉、「どなたかが、必ず手を差し伸べて下さるはずじゃ」。

 

後藤又兵衛、木村重成が討ち死に、明日はとうとう天王寺口での最後の決戦です。

 

土曜日の美女たち

スポンサード リンク

 - 真田太平記 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

もっと真田丸、真田太平記 23回 今にも始まる第二次上田合戦

もっと真田丸、真田太平記 23   沼田で家康からの命令を待つ伊豆守・ …

もっと真田丸、真田太平記 26 関ケ原の戦い 西軍破れる

もっと真田丸、真田太平記 26   慶長5年9月15日早朝、深い霧が辺 …

もっと真田丸、真田太平記 34回 幸村最期の決意

もっと真田丸、真田太平記 34回   江戸と大坂の手切れが噂される中、 …

もっと真田丸、真田太平記 29 真田親子、九度山の暮らし

もっと真田丸、真田太平記 29   慶長15年2月、世間でも豊臣家と徳 …

もっと真田丸、真田太平記 14 真田兄弟の離れ

もっと真田丸、真田太平記 14   敵陣である甲賀の里で気を失っていた …

もっと真田丸、真田太平記 5 秀吉と家康の手切れ

お徳の命を守るために名胡桃城に移送することになり、草刈・信繁が護送に付きます。名 …

もっと真田丸、真田太平記 15 豊臣崩壊の予感

もっと真田丸、真田太平記 15   前回リハビリにいそしんでいたお江と …

もっと真田丸、真田太平記 25 関ケ原の戦いの前夜

関ケ原の戦い前夜   慶長5年9月14日、家康は赤坂に布陣します。 & …

もっと真田丸、真田太平記 44回 信之、真田家への幕府のお咎めが心配

もっと真田丸、真田太平記 44   大坂の陣から2年後、元和3年初夏、 …

もっと真田丸、真田太平記 21回 いよいよ関ケ原の戦い

もっと真田丸、真田太平記 21   徳川家康は「豊臣家に仇成す者」とし …