ダイエットブログ

食べても痩せる 15kgのダイエット成功方法とは

*

もっと真田丸、真田太平記 34回 幸村最期の決意

スポンサード リンク

   


もっと真田丸、真田太平記 34回

 

江戸と大坂の手切れが噂される中、九度山の幸村の元を大野修理の使者が訪れます。予想通り「手切れとなった時は、お味方を」との要請。幸村は後日返事を差し上げると、一旦引き取ります。

 

 

その幸村を訪ねたお江は世情を告げ、更に上田と将軍家のただならぬ気配についても報告。「今わしが動けば、兄上を更に苦しめることになろうの」とポツリと呟きます。その幸村の元へ再び舞い戻った角兵衛。山中忍びとの繋がりを危惧する佐助ですが、幸村は手元に置いた方が目が届くと迎え入れます。又佐助に「真田忍びとのつなぎを密にせよ、隠密裏に上田(職人に)に甲冑を依頼せよ、角兵衛から目を離さず、いざとなったら殺してもよい」と告げます。

 

その頃家康は淀の使いの大蔵局、饗庭局と面会し、「大坂表で何事もなければ、大坂を咎めることはない」と明言し、2人を丁重に労ります。一方、片桐且元の元へ本多正純を送り、3つの条件の内1つを選べと迫ります。その条件とは「秀頼公を人質として江戸へ」「淀殿を人質として江戸へ」「豊臣家の転封」の3つで、大蔵局たちへの丁重さと余りにも違いすぎることから、片桐且元の裏切りが取り沙汰されることになります。

 

眠れない幸村の元を訪ねたお江、幸村はもはや家康は大坂を許すまいよと見切っています。「九度山へ来て15年、本来わしもここで果つる身じゃが、このまま何もせずに生きていくのはちと辛い。やるだけのことはやってみようと思うのじゃ」と本音を吐露、では安房守様のご遺志を継いで山を降りられまするなと喜ぶお江。「これは男としての欲じゃ。男が1人、この世に生まれて生きて、死んだ。その証を残してみたいではないか」こう語る幸村の眼は輝いています。

 

ep3404
画像参照:土曜日の美女たち

 

 

幸村の正室・於利世は子供たちと真田の忍びが営む店へ、嫡男・大助は上田の信之の元へと望む幸村たちの願いを拒否、家康の首を狙うという父・幸村と行動を共にすることを強く望みます。

 

その頃片桐且元暗殺が露見し、してやったりと家康は大坂攻めを決意。上田の信之は大量の赤備え甲冑の注文があったことを掴みますが、他言無用を貫きます。

 

10月2日、再び訪れた大野修理の使者に大坂城へ入ることを告げる幸村。その後真田忍びたちを前にことを告げ、「これは、わし1人のための戦じゃ」と離反を咎めないことを申し渡します。

 

ep3403
画像参照:土曜日の美女たち

 

上田にも将軍家から下知が下り、信之の嫡男・信吉を総大将とした陣立てが組まれます。信之は命により出陣せず、正室・小松殿は江戸へ人質へ。小松殿と語り合う信之の耳にも幸村の件は届いており、眼を光らせて語る信之。「わしは堪える。弟・幸村は勝ち目のない大坂方へ付くであろうが、弟の恐さを誰も知らぬ。狙いを一つに定めた者を敵にまわすと恐ろしいぞ」。

 

酒盃を持参した佐平次とも酒を酌み交わし、「九度山へ行った父上、弟のために、わしは何の力にもなってやれなかった。だから、弟のためにも堪えてみせる」。慶長19年の晩秋のことでした。

 

書きながら既に涙目、今回の見どころは何と言っても幸村がお江に心情と決意を語るシーン、そして信之が大坂に入る幸村を思い、そのためにも「堪えてみせる」と語るシーンです。語られることは多くはないのに、胸を打たれて涙するしかありません。

 

土曜日の美女たち

スポンサード リンク

 - 真田太平記 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

もっと真田丸、真田太平記 38回 真田丸の攻防

もっと真田丸、真田太平記 38   慶長19年11月、真田左衛門佐幸村 …

もっと真田丸、真田太平記 43回 徳川体制の始まり、家康の死

もっと真田丸、真田太平記 43   豊臣家は滅び、徳川による政治体制の …

もっと真田丸、真田太平記 32回 ついに秀頼公が家康のもとへ

もっと真田丸、真田太平記 32   慶長16年3月6日、徳川家康は駿府 …

真田丸 もっと知りたい 真田太平記3 どうする、徳川と北条が手を組んだ

もっと真田丸、真田太平記 ③   信長亡き後の混沌の渦に真田家も放り込 …

もっと真田丸、真田太平記 36回 幸村、大坂の陣の準備

もっと真田丸、真田太平記 36回 嫡男・信吉たちの出陣を見送った上田を、滝川三九 …

もっと真田丸、真田太平記 42回 幸村死す 夏の陣

もっと真田丸、真田太平記 42   元和元年5月7日、幸村は毛利勝永と …

もっと真田丸、真田太平記 29 真田親子、九度山の暮らし

もっと真田丸、真田太平記 29   慶長15年2月、世間でも豊臣家と徳 …

もっと真田丸、真田太平記 16 朝鮮出兵の失敗

もっと真田丸、真田太平記 16   肥前・名護屋の信幸の陣へ女子が生ま …

もっと真田丸、真田太平記 40回 大詰め、大坂城、夏の陣前夜

もっと真田丸、真田太平記 40   明けて元和元年、伊豆守・信之は弟・ …

もっと真田丸、真田太平記 23回 今にも始まる第二次上田合戦

もっと真田丸、真田太平記 23   沼田で家康からの命令を待つ伊豆守・ …