ダイエットブログ

食べても痩せる 15kgのダイエット成功方法とは

*

お年玉の相場 中学生はいくら?

スポンサード リンク

   


お年玉の相場は?中学生ならいくらくらい?

 

子供の頃、お年玉がもらえることがやはり楽しみだったことが皆さんあるかと思います。

そんな私もお年玉がもらえると嬉しかったです。

 

お年玉について今回はお話させていただこうかと思います。

 

お年玉の始まり

現在のお年玉はお金が主流となっていますが、元々はお餅でした。

お餅だとびっくりされる方もたくさんおられると思いますが、単なるお餅ではありません。

なぜならそれは「魂」を意味するものだったからです。

昔は、年の初めに年神様から新年の魂をわけていただく、つまり。毎年一年分の力を授かると考えられていたからです。

ぽち袋

元々はお金じゃなかったのですね。

お餅だということはとてもびっくりしました。

そして、お雑煮にもお餅を入れますよね。

このことにも何か関係があるのでしょうか?

実は昔、餅を食べることで体に魂を取り込みました。ですから、お雑煮には必ず餅が入っており、お雑煮を食べないと正月を迎えた気がしないという感覚も間違ってはいないのです。

お雑煮にお餅が入っているのにも深い意味があったのですね。

 

お年玉は誰にあげるか、いつまであげるのか

お年玉は誰にあげるのか?いつまであげたらいいのか?

アンケート調査によると、やはり二十歳までが多いみたいです。

中でも、社会人でも二十歳までは、もらっている人がいるみたいですね。

学生さんだと短大なら二十歳ですが四大だと22歳になりますがその年齢までもらっている方もいるみたいですね。

実は私も二十歳までもらっていましたが、その後はもう貰うことができず。

二十歳を超えていてもそうでなくても、あげる側に回る方もおられるかもしれませんね。

 

お年玉のあげ方

お年玉のあげかたですが、基本的に自分の親戚や子供だけでいいそうです。

例えば、会社の上司の子供にあった、となったとしてもお年玉を上げなくてもいいみたいです。

そして、あげるタイミングですが、親御さんがそばにいるときに渡したほうがいいです。

なぜなら、そこで上げることによって無駄使いをさせないためでもあります。

 

お年玉の年齢相場

先ほどお年玉の相場は二十歳までとお話させていただきましたが、金額も気になりますよね。

中学生だとどれくらいもらっているのでしょうか?

まず、幼稚園上がるまではあげない、それかお菓子などとなっています。

幼稚園では1000円、小学生では3000円、中学生では5000円、高校生では5000円~一万円、大学生は一万円かバイトをしているのであげないご家庭もあるみたいです。

中学生だと5000円 もらっている人が多いみたいです。

中学生だといろいろなものが欲しくなる年頃なのでお年玉はとても嬉しいものになりそうですよね。

お年玉と聞くだけで嬉しくなりますもんね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

お年玉のルーツや基本的な金額など知ることができたと思います。

こんな意味があったのですね。

とてもびっくりしました。

色々勉強になりました。

これからお正月に向けてお年玉の準備をされる際の参考になれば幸いです。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサード リンク

 - お金 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
離婚して養育費を払うということ

養育費とは 養育費とは、子供を監護、教育するために必要な費用とされています。 子 …

住宅ローンの繰り上げ返済は得策ではありません
お金を増やす方法

お金をふやす方法   1、給料の振込は、メガバンク、地元信用金庫のどち …

確定申告
確定申告 初めての帳簿の作り方

確定申告 私の場合   確定申告の時期になりました。 毎年2月15日~ …

no image
貸したお金を返してもらう方法

知人や家族にお金を貸した   知り合いにお金を貸すことは、よくあること …

株式投資 絶好の買場が訪れたか

国内株式 絶好の買場が訪れたか   サイバネットシステムのチャート 一 …

マイナス金利政策発動 どうなる住宅ローン

住宅ローンもマイナスになるのか       これは …

もっと真田丸、真田太平記 13 朝鮮出兵の不安

もっと真田丸、真田太平記 13   ここは徳川忍びの元締め・山中大和守 …

no image
養育費の増額、減額はできるのか

養育費の増額、減額はできるのか   養育費の変更は、できることになって …

株で儲けるには、買うときのタイミングが重要

株式はジェットコースター相場     いま世界の株価の状況は …