ダイエットブログ

食べても痩せる 15kgのダイエット成功方法とは

*

真田丸振り返り、第32回 応酬 石田三成と徳川家康の対立

スポンサード リンク

   


真田丸振り返り、第32回 応酬

 

さて前回、家康暗殺に失敗した出浦殿の消息は不明なまま、秀吉死去のニュースが駆け巡ります。5大老筆頭の家康と石田三成の軋轢も日増しに増し、諸将への働きかけも激化していくことに。

 

旧武田の領地を取り戻したい

 

旧武田の領地を取り戻したい昌幸
 

今回草刈・昌幸は徳川家康暗殺を試みた理由として、信幸・信繁に「武田の領地を取り戻したい」と語っていました(もしくは、この様なことを)。ある日突然そんな気配もなかった人が、突然台詞で思いもよらないことを口走るのは、この大河ドラマにおいてはままあること。今更驚きはしないものの、草刈・昌幸は再び旧武田領を取り戻すべく乱世を望み、家康暗殺を引き受けたのだそうです。

 

こういうその場限りの理由付けには失笑を禁じ得ませんが、武田信玄に仕えて頭角を現し、その後も真田家を守り抜いてきた昌幸という武将に対して「失礼な!」という思いがあることだけは、書いておくことにします。

 

家康開眼

 

天下取りに目覚めてきた家康
 

同様なことは徳川家康についても言えることで、本多正信に天下を目指すことを示唆されても否定していた家康が、グッとダークな色を帯びてきました。いつ、どのような心境の変化があって家康は変わったのか謎ですね。人間は変化する生き物ですから変わることは問題ではないものの、徳川家康に何があったのか。

そこを言葉で説明することなく、違和感なく描いてみせるのがドラマなのではないでしょうか。

 

宇喜多秀家を頼れば良かった

 

02_10_big_sp
 

真田丸での上杉景勝の描かれようには不満大ありふざけんな!な私でも、家康包囲網を作るなら、後何人か味方を作っておくと思います。宇喜多秀家、前田家。これを「根回し」と言うのでしょうが、上杉景勝の人となりを良く知るはずの信繁が、再びあっさりと景勝を当てに出来る心が分からない。信繁にしても石田三成にしても、寝技や駆け引き、ネゴシエートが得意な秀吉、昌幸たちを側で見て育ってきていながら、どうしたことかと言いたくなるようなウブさ、生真面目さ。う~ん、ですね。

 

今後どうなるの 読めないところ

 

石田三成に迫る加藤清正 三成は酒も酌み交わさない
 

味方を増やしたいのなら酒くらい呑んでやれという三成に対する思いは置いておくとして、きりとキリスト教の関わりはどういうところに落ち着くのでしょうか。信繁付となる三十郎は何か役割を果たすのでしょうか。史実に忠実なドラマではなくなってきているので、別の意味で先が読めない楽しさがちょっぴりあります。ありますが、ドラマとしてもう少しがっつりと見せて欲しいかなあ。

 

NHK大河ドラマ「真田丸」公式ホームページ

スポンサード リンク

 - 真田丸 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

もっと真田丸、真田太平記 27回 真田幸村 高野山蟄居

もっと真田丸、真田太平記 27   岳父・本田忠勝と家康に謁見した伊豆 …

真田丸 赤備えは、覚悟の証

真田の朱は覚悟の証   戦国時代最後の戦となる大坂の陣で真田信繁率いる …

真田丸 信繁、大坂で豊臣秀吉と出会う 

真田丸振り返り、第14回 大坂 (江戸時代までは、大阪ではなく大坂と書かれていま …

真田丸 第23話 攻略 いよいよ北条征伐

もっと真田丸、第23回 攻略   戦に至らぬようにという三成たちの努力 …

真田丸 ドラマ以外の楽しい真田丸

もっと真田丸!、其の壱   毎週日曜日のお楽しみになった「真田丸」、毎 …

真田丸振り返り、第29回 異変 秀吉の体に

秀吉は自らの身体を蝕みつつある老い、そして死への恐怖に囚われます。一方、左衛門佐 …

もっと真田丸、真田太平記 10 名胡桃城事件

もっと真田丸、真田太平記 10   今回は場面の切り替えが速く、同時に …

もっと真田丸、真田太平記 20回 上杉、徳川が手切れ 真田家はどちらに

もっと真田丸、真田太平記 20   家康周辺、三成周り、そして上杉景勝 …

真田丸振り返り、第30回 黄昏  秀吉の最期が近い

真田丸振り返り、第30回 黄昏   築城に燃えていた伏見城は「鉄壁の守 …

真田丸 第26話 瓜売の仮装で仮装大賞を受賞するのは、秀吉か昌幸か?

真田丸振り返り、第26回 瓜売   鶴松を亡くした秀吉は関白職を近江中 …